貿易銀の買取価格・価値・相場について


前に、貿易銀の真贋の確認方法を教えてもらったじゃないですか。


その記事を見て、貿易銀ってどのくらいの価値があるのかな〜って思ったんですよ!


なるほど、では今回は市場価値に基づいた貿易銀の買取価格・価値・相場について解説しましょう。

はっきり言って貿易銀の価値は高い!

結論からいうと、貿易銀の価値はかなり高いです。

貿易銀は、明治8年から明治10年のたった「3年間」しか発行されませんでした。
そのため希少価値が高く、古銭コレクターの間では、非常に人気の高い近代銀貨として有名です。


じゃあ本物を買取業者に売ったら、一体いくらになるのか教えてください!


わかりました、年代や状態、手変わりによって変わってくるので、順番に見ていきましょう。

年代別と状態で見る価値

貿易銀製造年
貿易銀の製造年はこの部分で確認します。

明治8年

未使用 180,000円
準未使用 140,000円
極美品 100,000円
美品 65,000円
修正品 15,000円

明治9年

未使用 150,000円
準未使用 120,000円
極美品 80,000円
美品 50,000円
修正品 15,000円

明治10年

未使用 220,000円
準未使用 180,000円
極美品 120,000円
美品 75,000円
修正品 20,000円

手変わり品によって変わる価値

手替りとは、本来同じであるはずの図案が、通常と異なって製造されてしまったものです。

長支脈 50,000円
短支脈 60,000円
対称脈 80,000円
大桐 1,500,000円