直径: 3.86cm 重さ: 26.96g
品位: 銀900/銅100

※修正品や強い磨きが有る場合は、大幅に値段が下がることがございますのでご注意ください。

買取価格

並年

未使用  1万円

美品  6,000円

磨き有り  5,000円

修正品  3,500円

明治7年

前期  18万円

中期  23万円

後期  10万円

後期深彫  16万円

明治8年

70万円

明治11年

6万円

深彫  12万円

明治12年

20万円

明治13年

14,000円

明治14年

18,000円

降四  20万円

明治15年

8,000円

明治16年

8,000円

明治17年

16,000円

明治18年

8,000円

明治19年

8,000円

小型  22万円

明治20年

大型  18,000円

小型  10,000円

明治25年

前期  30,000円

商品の説明

1円銀貨は大きく2つに分けることができます。「旧1円銀貨」と「新1円銀貨」です。今回は新1円銀貨について説明いたします。
新1円銀貨は片方の面に大きく竜が描かれており、この竜が握っている玉のことを「宝珠(ほうじゅ)」と呼びます。
竜の周りを「大日本・明治**年(年号)・900・ONE YEN・416」という文字が取り囲んでいます。この900は新1円銀貨の銀品位(含有量)を表しており、416は量目を表し、416 GRAINS(約26.96グラム)となっています。
もう片面には中央に大きく縦に「一圓」と書かれています。上部には 天皇と皇室の紋章である菊紋「十六弁八重表菊紋」があり、その周りを取り囲むように菊と桐の枝飾りが描かれています。

新1円銀貨は大型(38.6mm)・小型(38.1mm)に分類をすることができ、0.5mmの差ですが、大型の方が少しだけサイズが大きいのです。また、大型と小型は下記の年号によって決まっています。
大型の場合:明治7年〜20年
小型の場合:明治20年〜大正3年
年号を見て区別していただくのが最も確実かと思いますが、明治20年は大型も小型も混在しています。

そのような場合は、他の見分け方もいくつかございますので新1円銀貨の分類をご参照ください。
その他にも修正品の解説、本物と偽物の見分け方などもご参照ください。