紙幣の状態の分類について


買取価格一覧の紙幣でよく見る「極美品」「美品」「並品」って、どうやって判断したら良いんですか?


では今回は、紙幣の状態の等級付けについて解説をしていきたいと思います。


助かります〜!


査定や買取の際に、参考にしていただければ幸いです。

※国際的な定義を参考にして作成した記事ですので、弊社独自の基準ではありませんが、他社様などではこの限りでは場合もございます。あらかじめご了承ください。

実際に写真で見比べてみよう

紙幣は、状態の良しあしが価値に直結します。

コインと比べると紙幣は文字通り素材が紙ですから、劣化もしやすいです。そのため、状態の良い紙幣には高い価値がつくのです。

実際に、板垣100円札を状態別に見比べてみましょう。

未使用品

板垣100円札 未使用品


こちらは「未使用品」を光に透かしたものです。

紙幣の状態は、光に透かすことでよりわかりやすくなります。

未使用品はその名前の通り、誰にも使われたことのない状態のことで、発行機関・銀行・公衆などが取り扱った形跡が一切ありません。

光に透かしているので、わかりづらいかもしれませんが、紙の変色汚れも一切なく紙質もしっかりとしています。
角の部分も丸くなっておらず、ふちも鋭利になっています。

POINT

  • 紙の変色がない
  • 汚れがない
  • 紙質がしっかりしている
  • 紙のふちが鋭利になっている

準未使用品

板垣100円札 準未使用品


こちらは「準未使用品」を光に透かしたものです。

板垣100円札 準未使用品


赤い丸印のところを見てください。紙幣の中央に、折り目があるのがわかりますか?


本当だ!中央に折り目がありますね。

準未使用品は若干の使用感はありますが、ほぼ未使用品に近い紙幣です。
銀行で枚数を数える際の折り目が角にあるか、中央に薄い折り目がひとつだけある状態のことを指します。
紙も元の明るい光沢があり、シワや汚れもありません。角やふちも鋭利でくっきりとしています。

POINT

  • 折り目がひとつだけ
  • 紙の変色や汚れがない
  • 紙質がしっかりしている
  • 紙のふちが鋭利になっている

ただし、角と中央の折り目が両方ある場合は、「極美品」となります。
中央の折り目が濃い場合も「極美品」となります。

極美品

板垣100円札 極美品


こちらは「極美品」を光に透かしたものです。

板垣100円札 極美品


赤い丸印のところを見てください。


これは縦の折り目が、3本ありますね!

極美品は多少の使用感はありますが、かなり綺麗な状態の紙幣です。
複数の軽い折り目があるか、またはひとつの強い折り目がある場合があります。

紙の変色や汚れも一切なく、紙質もしっかりとしています。
角の部分も丸くなっておらず、ふちも鋭利になっています。

POINT

  • 折り目が複数ある
  • 紙の変色や汚れがない
  • 紙質がしっかりしている
  • 紙のふちが鋭利になっている

美品

板垣100円札 美品


こちらは「美品」を光に透かしたものです。

板垣100円札 美品


今までのものと違い、折り目がたくさんあるのが見てわかると思います。


折り目がかなり目立ちますね…。

美品の紙幣の場合、状態は良いのですが、摩耗や取り扱いの跡が多くあります。
折り目は垂直方向と水平方向に複数ある場合があります。
紙の汚れや色の滲みは最小限で、そこまで目立ちません。

紙自体はまだ比較的しっかりしていて、へろへろではありません。
ふちはわずかに摩耗していますが、裂け目はありません。
角の部分にも若干の摩耗がありますが、完全な丸みはありません。

POINT

  • 目立つ折り目が複数ある
  • 摩耗や取り扱いの跡が多いが、汚れはあまりない
  • 紙質はヘタっていない
  • 紙のふちはわずかに摩耗している

並品

板垣100円札 並品


こちらは「並品」を光に透かしたものです。


先ほどの美品よりも、ランダムに多くの折り目が入っていますね。

並品は多くの折り目、ヨレ、シワがある、流通していたことを示す紙幣です。
過度に汚れてはいませんが、多少の柔らかさがある場合があります。

板垣100円札 並品


赤い丸印をご覧ください。小さな破れがあります。

ただし、裂け目がデザイン面まで到達はしていません。
過度の折り、たたみによっては折り目中央に小さな穴ができますが、それはありません。
色ははっきりとはしていますが、少し色褪せていて、あまり明るくはありません。
保管時のホッチキス穴が、1~2個ほど開いている場合もあります。

POINT

  • 多くの折り目、ヨレ、シワがある
  • 摩耗や取り扱いの跡が多い
  • 紙質が柔らかくなっている
  • 紙に小さな破れがある

劣品以下

板垣100円札 劣品以下


こちらは「劣品」を光に透かしたものです。


良くない状態なのが一目瞭然ですね…。

板垣100円札 劣品以下


赤い丸印をご覧ください。


小さな穴が複数と、かなり破れちゃってますね。

紙幣中央付近に、小さな穴が3つ並んでいます。これは過度の折りたたみによってできた、小さな穴です。
そして紙幣下部には、裂け目があり、デザイン面まで到達しています。

紙の変色がはっきりと見られ、目立つシミや汚れがあります。
紙質はかなりへろへろになっていて、角の部分にも多くの摩耗と丸みが見られます。

破れがあっても、完全に紙が千切れていないものは劣品ですが、千切れて分割されているものは劣品以下という扱いになります。
また、テープなどで修正しているものも劣品以下となります。

POINT

  • 多くの折り目、ヨレ、シワ、穴がある
  • 破れがデザイン面まで到達している
  • 紙質がヘタっている
  • 紙のふちに丸みがある

まとめ

最後に、全体の要点をおさらいしていきたいと思います。

まずは光に透かして、状態を確認する。

  • 未使用品…一切のシワやヨレなどのないピン札
  • 準未使用品…中央に薄い折り目がひとつだけある
  • 極美品…中央に濃い折り目がひとつか、薄い折り目が複数
  • 美品…垂直か水平方向に折り目が複数あるが、紙のふちがくっきり
  • 並品…折り目も多数あり、破れもあるが、破れがデザイン面まで到達していない
  • 劣品(以下)…見るからに色褪せていて状態も悪く、破れがデザイン面まで到達している

なお、もっと細かく分類される場合などこの限りではないこともございます。
あくまでも参考にしていただければ幸いです。

紙幣の状態は様々ですので、個別のお問い合わせがありましたら、LINEでの無料査定も随時承っております。