大型 直径: 3.151cm 重さ: 12.5g
小型 直径: 3.10cm 重さ: 12.5g
品位: 銀800/銅200

以下のリンク先に解説ページがございますので、ご参照ください。

旭日竜50銭銀貨の分類

本物と偽物の見分け方

買取価格

並年

美品  2,000円

並品  1,500円

劣品  1,000円

大竜

美品  25,000円

商品の説明

「旭日竜50銭銀貨」買取してます!

旭日竜50銭銀貨は、明治3〜4年の間に発行された銀貨です。

旭日竜50銭銀貨には大型と小型の2種類があります。
明治3、4年発行のもので直径が約31.5mmのものは大型です。
それ以降に作られたものは小型と呼ばれ、直径が約31mmです。

旭日竜50銭銀貨のうち価値が高ものは、明治4年の前期というものです。
前期のものですと、美品で10,000円ぐらいの価値があるとされます。
ちなみに前期と後期は、大日本の「本」の字で見分けることができます。

年号以外にも手替わりと呼ばれる、通常と少しデザインの異なったものは価値が高いです。
例えば、通常の旭日竜50銭銀貨ですと、買取金額は1,500円ほどです。
しかし大竜と呼ばれる手替わり品になると、買取金額は未使用品で50万円に上がります。

旭日竜50銭銀貨の買取価格ですが、並年と呼ばれる普通品では1,500円です。
もちろん状態によって、1,000〜1,800円まで変動します。

▶︎大竜などの手替わりについては、こちらの記事をご覧ください。

「旭日竜50銭銀貨」はどんな銀貨?

50銭の額面をもつ銀貨は明治〜昭和にかけて4種類が発行されました。
こちらの旭日竜50銭銀貨は4番目に発行されたもので、旭日の図案面と額面記載のある竜の図案面で構成されています。
これ以降に発行された竜50銭銀貨旭日50銭銀貨は、デザインが異なっています。
最後に発行された小型50銭銀貨になると、竜ではなく鳳凰が採用されています。

銀貨の大きさは時代が下ることに小さくなり、小型50銭銀貨とは7mm以上も違います。
また重さは旭日竜50銭銀貨に比べ、旭日50銭銀貨、小型50銭銀貨は軽くなり、最大で7.5gほど違います。
ただ竜50銭銀貨だけは13.48gと、1gほど重くなっています。
ちなみに銀の品位は、小型50銭銀貨の頃になると銀720に引き下げられました。

旭日竜50銭銀貨は価値が高いものも存在するため、市場には偽物が出回っています。
本物と偽物を見分ける方法としては、重さや側面のギザギザを見ることです。

旭日竜50銭銀貨の規定の重さは12.50gです。
これよりも1g以上誤差があるものは、偽物を疑ってもよいです。
また側面のギザギザが等間隔でなかったり、作りが甘くなっているものも偽物の可能性が高いです。

旭日竜50銭銀貨の本物と偽物について、こちらで詳しく解説しています!