直径: 3.09cm 重さ: 13.48g
品位: 銀800/銅200

以下のリンク先に解説ページがございますので、ご参照ください。

本物と偽物の見分け方

買取価格

並年

美品  1,300円

並品  1,100円

劣品  800円

明治6年

美品  1,700円

並品  1,200円

劣品  800円

長年(美品)  20,000円

中年(美品)  5,000円

明治9年

美品  700,000円

明治10年

美品  350,000円

明治18年

美品  6,000円

並品  3,500円

劣品  2,500円以下

明治35年

美品  3,000円

並品  2,000円

劣品  1,300円以下

明治36年

美品  1,700円

並品  1,200円

劣品  800円

商品の説明

「竜50銭銀貨」買取してます!

竜50銭銀貨は明治6〜38年の間に発行された銀貨です。

竜50銭銀貨のうち価値が高いものは、発行枚数の少ない年号です。
そして年号以外にも、通常と少しデザインの異なる手替わりは価値が高いです。
例えば明治6年発行のものですと、通常の買取金額は1,200円ほどです。
しかし長年と呼ばれる手替わり品になると、買取金額は25,000円に上がります。

竜50銭銀貨で最も価値が高いものは、明治9年発行のものです。
これまでに700,000円でお買取をした実績があります。

また竜50銭銀貨は、並年と呼ばれる普通ものでも1,100円になります。
もちろん状態によって、800〜1,300円まで変動します。

「竜50銭銀貨」はどんな銀貨?

50銭の額面をもつ銀貨は、今までに4種類発行されてきました。
竜50銭銀貨は2番目に発行されたもので、額面記載の面と竜の図案がある面になっています。
最初に発行された旭日竜50銭とは、表裏ともデザインが異なります。
明治39年に発行された旭日50銭銀貨とは額面のある面は共通ですが、竜50銭銀貨に比べて直径が3mm程度小さくなっています。
また大正11年から発行された小型50銭銀貨は、まったく別のデザインになっています。

竜50銭銀貨はデザインや希少性から価値が高く、偽物も出回っています。
本物と偽物を簡単に見分ける方法は、重さを計ることです。

竜50銭銀貨の規定の重さは13.48gです。
これよりも1g以上誤差があるものは、偽物の可能性が高いです。

重さ以外にも見分けるポイントがあります。
より詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。