直径: 2.727cm 重さ: 10.13g
品位: 銀800/銅200

※銀相場に合わせた金額ですので、到着日の買取価格で買取いたします。

買取価格

買取価格の推移

商品の説明

「旭日50銭銀貨」買取してます!

旭日50銭銀貨は明治39〜大正6年の間に発行された銀貨です。
これ以前に発行されていた旭日竜50銭銀貨竜50銭銀貨銀貨に比べて価値が高いものは少ないです。
旭日50銭銀貨は最も多い年で2,500万枚と、発行枚数が多い銀貨です。
発行枚数の少ない大正元年から3年のものでも、並品ですと若干のプレミアがつく程度です。

しかし未使用品であれば、市場での価値は上がります。
例えば発行初年度の明治39年(未使用品)で80,000円ほどになります。

「旭日50銭銀貨」はどんな銀貨?

50銭の額面をもつ銀貨は、今までに4種類発行されてきました。
旭日50銭銀貨は、3番目に発行された銀貨です。
旭日竜50銭銀貨、竜50銭銀貨と比べると品位に変更はありません。
ですが大きさは4mmほど小さくなり、その分、重さも軽くなりました。
図案は旭日竜50銭銀貨とは異なりますが、竜50銭銀貨とは金額の書いてある面が同じデザインです。
後に発行された小型50銭銀貨になると、大きさや重さ、表裏の図柄もすべて変更されています。

また明治41・44・45、大正元年に発行されたものには大字と小字という手替わりがあります。
50銭という文字を比較すると、大字の方が小字に比べ大きく刻印されているのが分かります。
しかし竜50銭など他の銀貨の手替わりに比べ、価値は高くないようです。

そして旭日50銭銀貨は発行枚数も多いですが、稀に偽物に出会うことがあります。
本物と偽物を見分けるコツは、重さを計ることです。
旭日50銭銀貨の規定の重さは、10.13gです。
これよりも1g以上重かったり低かったりすると、偽物の可能性あります。

もし重さで分からない場合は、銀貨の側面を見るといいでしょう。
分厚かったりすると、偽物の可能性が高いです。