皇太子殿下御成婚記念5万円金貨の今の価値と買取価格はいくら?


皇室の行事に関する記念硬貨も種類が多いですね。徳仁殿下のご成婚記念がありましたよね?


平成5年に発行された、皇太子殿下御成婚記念の5万円金貨ですね。


平成だと最近に感じますが、どう言う貨幣なんですか?買取は可能なんでしょうか?


もちろん買取可能ですよ。金貨の詳細や、買取価格について解説しましょうか。

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨とは?

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨は、1993年(平成5年)に発行された記念貨幣です。
当時皇太子だった徳仁殿下と雅子様の御成婚を記念したものです。

この記念硬貨のデザインは、皇太子殿下が御成婚への心情を謳った和歌にちなんでいます。
その際に謳われた和歌は「大空に 舞ひ立つ鶴の 群眺む 幼な日よりの わが夢かなふ」でした。

デザイン

表面には、詩に登場する大空へと飛び立つ「」が2羽並んで大きく描かれています。
裏面には、天皇家の家紋である「菊の御紋章」と、皇太子の御印である「」が添えられています。

その周囲に書かれた文字は「皇太子殿下御成婚記念」、「平成五年」、「日本国」、「五万円」の4つです。

大きさ/重さ/品位

  • 直径: 2.7cm
  • 重さ: 18g
  • 品位: 金1000
  • 発行年: 1993年(平成5年)

初めてにして唯一の5万円金貨

5万円
皇太子殿下御成婚記念5万円金貨は、初めて作られた5万円金貨でした。
それ以前の記念貨幣金貨は、額面10万円で発行されています。
額面を半額にしているのは、購入者を増やすという狙いがあったからです。

日本政府としても、皇太子御成婚を国民的なイベントにしたいという思惑がありました。
そのため、額面を下げることで記念貨幣を買い求める人を増やそうとしたのです。

また、平成不況と言われる時期であったことも額面変更に関係しています。
不況の真っただ中である当時は、どうしても高額商品が売れにくい時勢でした。

そこで、従来の記念金貨の半額という思い切った額面変更に踏み切ったのです。

以降、5万円の記念金貨は発行されていません。

平成9年の長野五輪開催時は、金貨の額面が1万円に変えられています。
それから現在に至るまで、記念貨幣の金貨は1万円のままです。

つまり、皇太子殿下御成婚記念5万円金貨は唯一の5万円金貨となったのです。

唯一の5万円金貨

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨の買取価格はいくら?

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨の現在の買取価格は以下の通りです。

本日の買取価格

ただし、皇太子殿下御成婚記念5万円金貨の買取価格は一定ではありません。
その理由には金相場が関係しています。


ここちらは過去1ヶ月間の価格価格の推移です。
<※アンティーリンク 税込買取価格(円)>

金相場と連動する買取価格

金相場と連動
皇太子殿下御成婚記念5万円金貨の買取額は金相場と連動しています。

金相場は日々変動し続けるものです。
ですから、皇太子殿下御成婚記念5万円金貨の買取価格も日によって違います。

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨はまだ比較的新しい金貨です。
発行枚数も200万枚と多かったため、プレミア価値はまだついていません。
なので、金貨としてのプレミア価値より、純金製品としての価値の方が高いのです。

金相場は年々上がってきており、皇太子殿下御成婚記念5万円金貨の価値も上り調子です。

上がり続ける金相場

金は昔から高価でしたが、2005年(平成17年)頃から異様な勢いで高騰し始めます。

御成婚記念5万円金貨が作られた1993年は、金1gで1,400円ほどでした。
それが2023年10月15日現在では、1gで9,971円にまで跳ね上がっています。

金価格推移 地金価格

金相場:1g=9,971円 ※2023年10月13日 09:30公表(JST)

出典:田中貴金属協業株式会社

20年もしないうちに、金相場は発行当時から7倍になっているのです。
その影響を受けて、金貨の価値も驚くほどに上がってきています。

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨の買取価格も例にもれず、額面を大きく超える金額となったのです。
2023年10月15日現在の買取価格も163,300円となっています。

金相場と買取価格


あの、これでは金相場と買取価格と計算が合いません…。


そうですね。金相場 1g=9,971円なら、9,971円×金貨の重さ18g=179,478円になるはずですよね。


ではなぜ、買取価格は163,300円(2023年10月15日時点)なんでしょうか?


この買取価格と金相場とのズレには、ちゃんとした理由があります。

金相場と買取価格がかみ合わないのはなぜ?

御成婚記念5万円金貨の買取価格が金相場とズレるのは、地金として取引できないからです。

金相場は金地金の価格ですから、地金にできない金貨は金相場と同額にはなりません。

では、なぜ御成婚記念5万円金貨は地金として取引できないのでしょうか?
それは、現行貨幣を損傷から守るための「貨幣損傷等取締法」があるからです。

貨幣を守るための「貨幣損傷等取締法」

貨幣損傷等取締法では、現金として使える貨幣破損して使用不可能にすることを禁じています。
御成婚記念5万円金貨は現行貨幣として使用可能であることは、財務省が認めています。

過去に発行された記念貨幣は、現在でもお金として使えますか?

【答】記念貨幣は、「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」において、貨幣として定められているため、全て通常の貨幣と同じように使用することができます。

出典:財務省 よくあるご質問

破損行為を目的とした取引も処罰の対象です。
つまり使用可能な記念金貨は、アクセサリーやインゴットのように、鋳潰すと法律違反に当たります。
もちろん地金と同額で現行貨幣を取引するのも、禁止行為です。

そこで、金相場を参考にしながら、地金型コインとして独自の価格設定が用いられます。
貨幣損傷等取締法に触れないために、御成婚記念5万円金貨を地金と同じ価格で扱うわけにはいかないのです。

こうした理由から、金貨の買取価格は金相場とズレが生じるのです。


実際に、溶かさなければいいのではないですか?


そう言うわけにはいきません。また、相手が鋳潰すことを分かった上で売った場合、売った側も罰則の対象となります。

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨と同時発行された貨幣

皇太子殿下御成婚記念の貨幣は、5万円金貨以外にもあります。
それは「5千円銀貨」と「500円白銅貨」のふたつです。
これらはすべて同日に発行されました。

皇太子殿下御成婚記念5千円銀貨

皇太子殿下御成婚記念5千円銀貨の基本情報は以下の通りです。

  • 直径: 3.0cm
  • 重さ: 15g
  • 品位: 銀1000
  • 発行年: 1993年(平成5年)

こちらは、銀だけを使って作られた純銀製のコインです。
5万円金貨と比べると直径が少し大きくなっています。

デザインは5万円金貨とほぼ共通です。
表面には飛び立つ「2羽の鶴」が描かれています。
ただ、5万円金貨の鶴の周りは「波」でしたが、5千円銀貨は「雲」になっています。
裏面には「菊の御紋章」と「梓」が彫られ、「皇太子殿下御成婚記念」、「平成五年」、「日本国」、「五千円」の文字が囲んでいます。

本日の買取価格

額面通り

買取価格は額面通りの5,000円で、こちらは相場による変動はありません。

皇太子殿下御成婚記念500円白銅貨

皇太子殿下御成婚記念500円白銅貨の基本情報は以下の通りです。

  • 直径: 2.65cm
  • 重さ: 7.2g
  • 品位: 銅750/ニッケル250
  • 発行年: 1993年(平成5年)

皇太子殿下御成婚記念の500円硬貨は、銅とニッケルを混ぜた白銅貨です。

デザインも他の御成婚記念硬貨と同様です。
表面には飛び立つ「2羽の鶴」と、5万円金貨とは違った「波」が描かれています。
裏面には「菊の御紋章」と「梓」が彫られ、「皇太子殿下御成婚記念」、「平成五年」、「日本国」、「五千円」の文字が囲んでいます。

本日の買取価格

買取不可

弊社では現在、皇太子殿下御成婚記念500円白銅貨は買取不可としています。

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨の偽物の見分け方

価値の高い貨幣であればあるほど、偽物が作られる可能性が高くなります。

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨も偽物が作られていました。
現在も古銭の市場に出回っている偽物もあります。

取引をするにあたって、本物か偽物か見分けておくことが重要です。
偽物を見分けるためには、以下の方法を試してみてください。

偽物を見分ける方法

  1. 大きさを計る
  2. 重さを計る
  3. デザインを確認する
  4. 試金石での素材確認は厳禁!

それぞれ詳しく解説していきますね。

大きさを計る

まずは手始めに、大きさの計測から始めましょう。
硬貨も型どおりに製造しているため、大きさが違うものはまずでてきません。

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨直径は2.7cmです。
これよりも大きかったり、小さかったりするものはまず偽物でしょう。

定規やメジャーさえあればすぐに確認できるので、まずはこれを試しましょう。

もし長さを計るものがなければ500円玉と比べてみてください。
500円玉の直径が2.65cmで0.5cm差なので、目安程度にはなります。

500円玉と比べる

重さを計る

大きさの次は重さの計測です。
古銭の真贋鑑定においては、重さの情報は非常に重要です。

大きさや素材が同じであれば重さに違いは出ません。
つまり、重さが違う時点で素材も違うと言えるのです。

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨重さは18gです。
1g以上の誤差があれば偽物と言えます。

デザインを確認する

大きさや重さに問題がなければ、デザインも良く確認してみましょう。
硬貨の偽物は、図柄や文字の彫りが浅くはっきりしないものが多いです。

ただ、1枚だけで判別するにはかなりの知識と慣れが必要です。
お手元に御成婚記念5万円金貨が2枚以上あり、比較ができる場合に試してみてください。

磁石に近づけてみる

磁石に近づける
もうひとつ、偽物を見分ける方法として磁石が使えます。
御成婚記念5万円金貨は純金製なので、磁石に反応しません。

ところが、偽物は金以外の金属を使うため磁石に反応することがあります。
なので、磁石に引き寄せられるようであれば間違いなく偽物です。
磁石ひとつでできる簡単な方法なので、ぜひお試しください。

試金石での素材確認は厳禁!

試金石厳禁
金貨の偽物を確認する際、素材を調べるために試金石を使う方がいらっしゃいます。
ですが、試金石を使う調べ方は金貨の価値を落とします。

この調査方法は、金よりも硬い金属をこすりつけるというものです。
当然金よりも硬い以上は金の方に傷が付きます。
その傷跡を見れば金メッキであるかどうかがわかります。

ただし、付けた傷を元に戻すことはできませんよね。
つまり、金貨を傷物にして価値を下げてしまう方法なのです。
当然、買取価格も下がりますので試金石を使うのはやめておきましょう。

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨を高く売るためのポイント

どうせ皇太子殿下御成婚記念5万円金貨を売るのであれば、少しでも高く売りたいですよね?
そのためには、保存方法に気を付けないといけません。
注意すべきポイントは以下の4つです。

  • 金相場を毎日チェックする
  • 貨幣を絶対に磨かない
  • 空気に触れない保存方法を選ぶ
  • 付属品は必ずセットで送る

なぜこれらのポイントが重要なのか解説していきます。

金相場を毎日チェックする

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨の買取価格は、金相場に合わせて上下します。
ですから、金相場が高いときに売った方が得をします。

そのためには金相場の動きをチェックし続けなくてはいけません。
毎日価格は変わるので、売りどきを見逃さないようにしましょう。

貨幣を絶対に磨かない

磨かないで
硬貨を取引するのであれば磨きは厳禁です。
多少汚れていたとしても、絶対に磨いていてはいけません。

古銭の状態の良さとは、単にピカピカの状態であればいいわけではないのです。
製造当時の状態をいかに自然に残しているかが評価のポイントです。

磨いてピカピカになったとしても、それはすでに加工された商品です。
見る人が見れば磨きの跡は分かってしまうので間違いなく買取価格が下がります。

なので、硬貨をキレイに見せるために磨くのだけはやめておきましょう。
それよりも重要なのは、状態が劣化しない保存方法を心がけることです。

空気に触れない保存方法を選ぶ

おすすめの保存方法
硬貨の状態が悪貨するのは、空気に触れたことで酸化してしまうためです。
他にも、紫外線による日焼けや変色にも気を付けないといけません。
ですから、まずは空気や日光に触れない保管の仕方を考えましょう。

ブリスターパックやアルバムなど、コイン保管用のグッズは多数あります。
できれば、こうした専用の道具を使うことをおすすめします。
ですが、自身がコレクターでもなければ、専門の道具を買うのも気が引けてしまいますよね。

もっと手軽に用意できるものとしてはジップロックがおすすめです。
しっかりと口を閉じておけばほとんど空気に触れることはありません。

あとは、直射日光の当たらない暗所で乾燥したところに置いておきましょう。

付属品は必ずセットで送る

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨は、販売時にブリスターパックに入れられていました。
売却する際にもブリスターパックごと売るようにしましょう。

ブリスターパックから、金貨が取り出されていると価値が下がります。

皇太子殿下御成婚記念5万円のプルーフ金貨であれば、専用のプラスチックケースがついています。
また、プルーフ版は5万円金貨、5千円銀貨、500円白銅貨のセット販売もありました。
この場合、それぞれのプラスチックケースに加え、3種すべてを収納する化粧箱もあります。

ただし化粧箱は付属していなくても、価格価格には影響されません。

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨を売るならどこがお得?

御成婚記念5万円金貨の売るなら以下のふたつがおすすめです。

  • ネットオークション(ヤフオクなど)
  • 古銭専門の買取業者

フリマアプリでは現行貨幣の取引が禁止されていることもあります。
御成婚記念5万円金貨も現行貨幣ですので、フリマアプリでの取引は避けましょう。

では、上記のふたつについてそれぞれのメリットとデメリットについて解説していきます。

ネットオークション(ヤフオクなど)

ネットオークション
ヤフオクをはじめとするネットオークションサイトでは現行貨幣も取引されます。
状態の良いものであれば相場以上の価格で落札してもらえるでしょう。

ですが、商品情報に抜けがあったり、付属品がついていないものは買い手が付きにくくなります。
また、鮮明な商品画像を用意しておくことも忘れてはいけません。
入札者にとって画像はとても重要な情報です。

価格設定について忘れてはいけないのが、手数料の問題です。
例えばヤフオクですと、最低でも落札価格の8.8%が手数料として引かれます。
御成婚記念5万円金貨は10万円を超える商品なので、手数料も1万円以上になりがちです。
決して安い金額ではありませんね。

手数料で引かれる分を考慮すると、買取業者で売った方がお得だったケースも少なくありません。

古銭専門の買取業者

古銭専門家
もうひとつの売却方法は、古銭専門の買取業者への依頼です。
買取業者に依頼するメリットは、手間の少なさにあります。

商品を送ってさえしまえば、査定から売却まで一手に任せられます。
また、自分で相場を調べたりする必要がない点もメリットのひとつです。

古銭を専門に扱う買取業者であれば、古銭に詳しい鑑定士も所属しています。
厳正な査定のもと、相場とのズレもない適正な価格を提示してもらえます。

個人の取引で不安になる部分や手間がかかる作業を任せられるため、安心して取引ができます。

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨を取引するなら買取業者がおすすめ

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨に関する解説は以上となります。
御成婚記念5万円金貨は現在、金相場を参考にとても高い値段がつく古銭です。
日々価値も変動するため、個人で扱うのは難しい商品です。
古銭の売買に慣れていないのであれば、買取業者の利用をおすすめします。

弊社アンティーリンクでは、LINEでお手持ちの古銭の画像を送っていただければ無料査定いたします。

友だち追加

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨以外にも売りたい古銭があれば、合わせてご依頼ください。
古銭の種類や数を問わず、一括で査定と買取をお引き受けします。
手元に売りたい古銭がございましたら、ぜひともアンティーリンクにお任せください。