直径: 3.506cm 重さ: 33.33g
品位: 金900/銅100

買取価格

明治3年

未使用  600万円

美品  450万円

明治9年,10年,13年

400万~3,500万円

商品の説明

旧20円金貨とは

明治3年(1870年)から明治25年(1892年)の間に発行された20円金貨です。発行枚数が非常に少なく、大型の金貨(直径35.06mm)で見栄えも優れていることから「日本近代金貨の王様」とも言われています。

旧20円金貨が最も多く発行されたのは明治3年で、現在、市場に出回っているほとんどの物が明治3年銘だと言われています。発行枚数は46,139枚。

明治3年以外に発行された旧20円金貨は、明治9年が954枚、明治13年が103枚、明治10年が29枚、明治25年にいたっては発行枚数が少なすぎるあまり明確な枚数が分からないとされています。明治3年以外に発行された旧20円金貨は見かける機会が非常に少ないことから、プレミア価値がついており、買取の際は大変高値で取引されます。

現代の日本貨幣における金貨といえば、記念コインにしか見られませんが、明治期~大正期には毎年のように流通目的の金貨が発行されていました。日本に近代化が訪れた明治4年(1871年)に新貨条例が公布され、本位貨幣である20円、10円、5円、2円、1円の5種の金貨が発行されたのです。

※明治30年までに発行されたものを「旧金貨」、明治30年以降に発行されたものを「新金貨」と称しています。