【昭和39年製】1964年オリンピック記念1,000円銀貨の価値と買取価格

 

昭和39年のオリンピック記念の銀貨が見つかったんですけど、1000円の硬貨なんてものがあるんですか?

はい。記念硬貨の中には千円や1万円といった硬貨もあります。

記念硬貨はその年にしか作られないんですよね。じゃあ珍しくて高いものなんですか?

1964年オリンピック記念1,000円銀貨にプレミア価値はついていませんが、銀相場を参考にして1,000円以上の価値があります。詳しく解説していきますね。

【昭和39年製】1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨とは?

1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨

1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨は、その名の通りの記念硬貨です。
1964年(昭和39年)は、10月10日から東京オリンピックが開催していました。
それを記念して作られた額面1,000円の銀貨のことです。

1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨の詳細な情報は以下の通りです。

重さ/品位/発行年

  • 直径: 3.5cm
  • 重さ: 20.0g
  • 品位: 銀925/銅75
  • 発行年: 1964(昭和39)年

現金として使うのは難しい1,000円銀貨

日本では、記念硬貨として何度か1,000円硬貨が作られました。
1,000円硬貨はそのまま現金1,000円として使えることは財務省が認めています

(出典:財務省質問ページ「過去に発行された記念貨幣は、現在でもお金として使えますか」

ただ、1,000円硬貨を取り扱わない店舗は多くあります
自販機でも使えないため、現金として使うのはあまり現実的ではありません。
実際、自分が店員だとして1,000円硬貨が出てきたら対応に困りますよね。

そもそも、1,000円の硬貨は流通目的では作られてはいません。
1,000円銀貨は、あくまでも記念品としての意味合いが強いのです。

現金として使うのであれば、銀行の窓口に持ち込んでみましょう。
そうすれば、現行の紙幣や硬貨で1,000円分に交換してもらえます。
ですが、実は1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨現金として使うよりも売ったほうがお得なんです

1,000円銀貨は売った方がお得

では、現金として使えない1,000銀貨に使い道はないのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。

1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨は、買取価格が1,000円を超えています

つまり、そのまま使うのではなく売ることで得をする古銭なんです
では次に、1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨がいくらで取引されるのか確認していきましょう。

1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨の価値は?

1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨は、1,000円以上の価値があります。
実際、古銭の取引市場における相場も1,000円以上です。

本日の買取価格

額面よりも高い価値が付く理由は、この硬貨が銀を多く含んでいるからです
1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨が作られた当時は、銀の価格が今よりも安価でした。
そのため、18.5gの銀を使ったとしても原材料のコストが1,000円を下回っていたのです。

現在は、昭和39年の頃と比べると銀の価格が高くなりました。
その影響で、1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨が含む銀の価値が1,000円を超えたのです。
そのため、銀地金の相場を参考にしたうえで銀貨の価値は当時よりも高いとされています。

1,000円銀貨の価値は銀相場に合わせて変動

1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨の価値は銀相場を参考にしています。
ですから、銀相場に合わせて1,000円銀貨の価値も毎日変動します。
1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨の取引価格は、2023年9月現在で1枚1,600円前後です。

ですが、1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨にはその価値以上の銀が含まれています。
1964年東京オリンピック1,000円銀貨の重さは1枚20.0gで銀含有量は92.5%です。
つまり、1枚につき18.5gの銀が含まれている計算になります。

2023年8月現在の銀相場は、銀1gあたり130円前後となっています。
銀を18.5g含む東京オリンピック記念100円銀貨なら1枚で2,405円以上になる計算です。
なぜ、計算結果と実際の取引価格にこれほど違いがでるのでしょうか?

その理由は、現在使用可能な硬貨は溶かすことができず、地金としての取引はできないからです
1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨が使えることは財務省が認めています。
つまり、1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨を溶かすと貨幣損傷等取締法という法律に違反してしまうのです。

貨幣損傷取締法とは?

貨幣損傷等取締法とは、貨幣を傷つけたり壊すことを禁止する法律です。
もちろん、貨幣を溶かして地金にすることも禁止されています。
(出典:財務省質問ページ「硬貨に穴を開けても良いですか」)

また、こうした損傷を目的とした収集行為も取締の対象です。
つまり、1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨を溶かすことを前提にした取引も禁止されています。

現在の買取価格と価値の推移

1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨の現在の取引価格は以下の通りです。

本日の買取価格

プレミアはつかない?

ところで、特別な記念硬貨ならもう少し高そうにも思いませんか?
ですが、1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨にはプレミアがつかないんです。
その理由は、残存する枚数の多さによる希少価値の低さにあります。

1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨は1,500万枚も作られました。
こんなに枚数が多いのは、一家に一枚程度を目安に製造されたためです。
そのため残存枚数が多くてプレミアも付かず、大きな値上がりはしませんでした

その他のオリンピック記念1,000円硬貨

オリンピック記念の1,000硬貨は、1964年のもの以外にもあります。
それは、2020年に開催された東京オリンピックの際に作られたものです。

同じく銀貨幣ではありますが、デザインも銀の含有量も異なります

2020年東京オリンピック競技大会記念1,000円銀貨幣

2020年東京オリンピック記念1,000円銀貨

  • 直径: 4.0cm
  • 重さ: 31.1g
  • 品位: 銀1000
  • 発行年: 1964(昭和39)年

2020年に開催された東京オリンピックを記念して作られた銀貨です。
1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨よりも少し大きくなっています。
銀の含有量も100%の純粋な銀貨であるのも特徴のひとつです。
製造枚数は少な目で、5万枚が製造されています。

2020年東京パラリンピック競技大会記念1,000円銀貨幣

2020年東京パラリンピック記念1,000円銀貨

  • 直径: 4.0cm
  • 重さ: 31.1g
  • 品位: 銀1000
  • 発行年: 1964(昭和39)年

オリンピックだけでなく、2020年開催の東京パラリンピックの記念貨幣もあります。
大きさや重さなどはオリンピック記念1,000銀貨と同じです。
こちらも、オリンピック記念の銀貨と同様に5万枚が製造されました。

1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨に偽物はある?

1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨も偽物が存在する可能性はあります。
取引をするうえで、偽物を売ってしまったりしまわないように注意は必要です。

ここからは、コインの偽物を調べる手段について解説していきます。

ポイント①:デザインをチェック

まずは、表裏のデザインを確認してみましょう。
表面には「1964 TOKYO」、「1000YEN」、「昭和39年」の文字が彫られています。
「五輪マーク」や「8個の桜マーク」も特徴的です。

裏面には「日本国」、「千円」の文字と、「富士山」や「桜」の絵が彫られています。
こうした文字や絵をしっかりと見てみましょう。

偽物は彫りが浅く、凹凸が少ない平坦なものが多くなっています。

ポイント②:大きさと重量を計測

次に、大きさや重さを計ってみましょう。
以下は1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨の大きさと重さです。

  • 直径: 3.5cm
  • 重さ: 20.0g

近代硬貨の大きさは均一に作られているため、大きかったり小さかったりするなら偽物です。

また、大きさが均一で金属の含有量が同じである以上重さも同じになるものです。
20gから1g以上の誤差があるなら、偽物であると言えます

ポイント③:磁石を使って調べる

最後に、磁石につくかどうかを確かめてみましょう。
1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨は、ほぼ銀でできています。
つまり、磁石にはくっつかない素材です。

ですが、偽物は鉄のような卑金属も混ぜて作ることが多いものです。
そのため、磁石にくっついてしまうことがあります。
磁石に引き寄せられたり、くっつくようであれば間違いなく偽物です。

1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨を高く売るには?

気になるのは、東京オリンピック記念の1,000円硬貨を高く売る方法ですよね。
そこで、古銭取引における注意点をふたつピックアップしました。

それぞれ確認していきましょう。

ポイント①:銀相場を把握する

1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨の買取価格は銀相場に左右されます。
そのため、少しでも高く売るためには銀相場のチェックが欠かせません。

銀相場が高いときに売ればその分高く売れるからです
銀相場は、田中貴金属工業三菱マテリアルといった貴金属取引をする企業のWEBサイトで、価格推移のチャートが掲載されています。

ポイント②:古銭は絶対に磨かない

古銭におけるタブーとも言えるのが「磨き」です。
古銭の価値は製造当時の状態を保っているかどうかを見ています。

磨いた古銭は手を加えたものになるので状態の評価はむしろ下がります
見た目が奇麗になっていたところで見る人が見ればわかってしまうものです。
絶対に磨かないように気を付けましょう。

1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨を売る方法

実際に1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨を売るにはいくつか方法があります。
それは、大きく分けて以下の3つです。

では、それぞれのメリットやデメリットを確認していきましょう。

ポイント①:オークションサイト(ヤフオクなど)

ヤフオクのようなオークションサイトでは、コレクターによる競りが行われます。
そのため、思いがけず高値が付くことがあるのがメリットです。

ですが、真贋のはっきりしないものや、画像が鮮明でないものに入札する人はいません。
商品を魅力的に見せるためには相応の知識や技術が必要になってきます。
出品、落札後の連絡、発送など手間が多いところもデメリットです。

ポイント②:フリマアプリ(メルカリなど)

メルカリといったフリマアプリは自分で価格設定ができます。
これがメリットでもありデメリットでもあるんです。

適性な価格をつけられれば、すぐに収入を得られます。
しかし、安ければ損をするだけだし、高ければ買い手がつきません。

適性な価格をつけるためには相応の知識が必要です
特に、1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨は銀相場のチェックも欠かせません。
個人間の取引としてはハードルが高いジャンルと言えます。

ポイント③:古銭専門の買取業者

もうひとつが、古銭専門の買取業者への依頼です。
買取業者を選ぶ際は必ず古銭専門の業者を選ぶようにしましょう。
買取品目が多い業者は古銭専門の鑑定士がいないことがあるからです。

古銭専門の鑑定士がいる業者なら、厳正な査定のもと適正価格を提示してもらえます。
ですので、自分で真贋をチェックする必要もありません。
そして、古銭の数が多いときにまとめて依頼できるので手間がかからないのがメリットです。

1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨を売るなら買取業者がおすすめ

古銭を個人間で取引するのは、とても難易度が高くなっています。
かかる手間も多く、その大変さに見合う利益を得るのはとても大変です。

1964年東京オリンピック記念1,000円銀貨を売るのであれば、買取業者の利用がおすすめです。
アンティーリンクでは、LINEで画像を送っていただくだけで古銭の無料査定を実施しています。
他にも古いお金や紙幣がありましたら、査定を一括でお引き受けします。
手元に売りたい古銭がございましたら、ぜひともアンティーリンクにお任せください。