重さ: 17.78g

品位 金861/銀139

※正徳小判金との違いは、「光」と「次」が離れている(享保)か、繋がっている(正徳)かです。

買取価格

極美品

380,000円

美品

320,000円

商品の説明

正徳4年8月2日(1714年9月10日)より通用開始された一両としての額面を持つ小判です。

また、享保小判および享保一分判を総称して「享保金(きょうほうきん)」と呼びます。

なお、正徳金銀発行および通用に関する触書は正徳4年5月15日(1714年6月26日)に出されているが、享保金銀については若干品位を上げたとされるものの、本質的な吹替えではないため改めて触書が出されたわけでもなく、享保金銀の発行時期については諸説あり、正徳5年(1715年)とするものや、徳川吉宗が将軍職に就いた享保元年(1716年)とする説まであるのだとか。