年代:貞観12年
西暦:870年
素材:銅

買取価格

美品

40,000円

商品の説明

貞観永宝とは

平安時代、貞観12年(870)から鋳造発行された銅銭で皇朝十二銭の1つ。

「三代実録」によれば、文字が不鮮明であるなど、出来が悪く鋳造場の役人が譴責(けんせき)を受けたとあるが、現存のものは比較的文字の鮮明なものが多い。

直径19mm前後の円形で、中央には正方形の孔が開いており、銭文(貨幣に記された文字)は、時計回りに回読で貞觀永寳と表記されています。裏は無紋で、量目(重量)2g程度の銅の鋳造貨です。