天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取価格はいくら?


天皇陛下御即位記念の10万円金貨と言うのがあるんですね?どう言った金貨なんでしょう?


ありますよ。今上天皇(明仁天皇)の御即位を記念して発行された、10万円の記念金貨です。


確か御在位と言うのもあったような…何が違うんですか?


では、今回は天皇陛下御即位記念10万円金貨について、買取価格や御在位との違いなどを解説していきましょう。

天皇陛下御即位記念10万円金貨とは?

御即位10万円金貨御即位10万円金貨

基本情報

天皇陛下御即位記念10万円金貨は、1990年(平成2年)造の記念コインです。
金の含有量が100%であり、世界的にも珍しい純金製になっています。

硬貨の表には鳳凰」と「瑞雲」が彫られています。
どちらも吉兆を示す図柄であり、ご即位を祝福したデザインです。

裏面の図柄は菊の御紋章は皇室を示す紋章「菊の御紋章」が中心になっています。
それを囲っているのは「桐」と「唐草」の模様です。
さらに外側には「日本国」、「御即位記念」、「10万円」、「平成2年」といった文字が彫られています。

  • 直径: 3.3cm
  • 重さ: 30g
  • 品位: 金1000
  • 発行年: 1990年(平成2年)

平成天皇のご即位記念貨幣

ご即位記念
天皇陛下御即位記念10万円金貨は、その名の通り天皇のご即位に合わせて作られました。
規格外の10万円硬貨を発行するため、この年に新たに法律も作られています。

それが「天皇陛下御即位記念のための十万円の貨幣の発行に関する法律」という法律です。

この記念硬貨は、保存用のケースブリスターパック付き(※)の豪華仕様で販売されました。
買取価格はこれらの付属品もセットであることが前提になっている点に注意してください。

また、特殊な加工を施したプルーフ貨幣も合わせて発行されています。
現在は通常、プルーフに関係なく買取価格が設定されています。

ブリスターパック…透明なプラスチックで覆われたパッケージのこと。

現金10万円として使える?

10万円金貨は特殊な額面の記念貨幣ですが、現金としても使用可能です。
この硬貨が現金として使用可能であることは、財務省が認めています。

過去に発行された記念貨幣は、現在でもお金として使えますか?

【答】記念貨幣は、「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」において、貨幣として定められているため、全て通常の貨幣と同じように使用することができます。

出典:財務省 よくあるご質問

ただし、実際にはいくつかの問題点があり、現金として使うのは難しいでしょう。

ひとつ目の問題点は、見慣れない硬貨なので店側が対応できないことです。

法律で使えるといわれても、普段使わない硬貨は扱いに困ってしまいます。
自分が店員側の立場なら、10万円の硬貨を出されても受け取りづらいですよね?
多額のお釣りも必要になってしまいますし、店頭で使うのは厳しいでしょう。

かといって、機械にも10万円金貨は認識されないので自動販売機でも使えません。
これが、ふたつ目の問題点です。

まず、10万円金貨は現行の硬貨よりもサイズが大きくなっています。
そもそも投入できない機械がほとんどです。
仮に投入できても認識される機械はありません。
トラブルのもとになるだけなので、機械相手に使うのもやめておきましょう。


やはり現金としては使うのは難しいんでしょうか?


実は、記念硬貨を使いやすい貨幣と交換する方法があるんです。
その方法とは、銀行窓口への持ち込みです。

銀行で現金に交換できる

記念硬貨は、銀行の窓口で同額の現行貨幣と交換してもらえます。
記念貨幣は現金として使うのは難しいので、使うのであれば交換が必要です。

ただ、天皇陛下御即位記念10万円金貨は現金にするよりお得な使い方があります。

それは、アンティークコインの収集家や買取業者に売るという方法です。
そうすれば、10万円以上の利益を得られる可能性があります。

使うよりも売る方がお得!

売る方がお得
実は、天皇陛下御即位記念10万円金貨には10万円以上の価値があります。

状態に問題がなければ20万を超えることもあり、倍以上も得をするんです。

つまり、現金として使うよりも古銭として売った方が賢い選択と言えます。

では天皇陛下御即位記念10万円金貨が、実際にいくらで買い取られているのか、そしてなぜそんなに高額で買い取られているのかをひも解いていきましょう。

天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取価格

天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取価格は金地金の相場に連動します。
相場に合わせて変化しますが、現在の買取価格は以下の通りです。

本日の買取価格
本日の買取価格

なぜ10万円を超える価値がある?

天皇陛下御即位記念10万円金貨は、買取価格20万円を超える(2023年10月13日時点)高額商品です。
なぜこれほどの高値がつくのでしょうか?

その理由は、天皇陛下御即位記念10万円金貨純金製だからです。
金としての品質が高いことから、金相場を参考にして高い値段がつきます。

古銭としては比較的新しいのでプレミア価値はほぼありません。

それでもこれほどの価格で買い取られるほど、金としての評価が高いのです。

上昇し続ける
近年の金相場は驚くべき勢いで上昇し続け平成初期とは比べものにならない価格になっています。
10万円金貨の買取価格がここまで高いのも、金の高騰の影響が強いのです。

高騰し続ける金相場

天皇陛下御即位記念10万円金貨の製造年は1990年(平成2年)です。
その当時、金は1gで2,000円程度の価値がありました。

天皇陛下御即位記念10万円金貨は30gの純金です。
つまり、製造当時は製造コスト1枚につき6万円ぐらいになります。
10万円の金貨に6万円ですから、原価を超えるようなことはありませんでした。

その後、2005年頃から金相場が急激に上がり始めます。

2023年10月時点で、金相場は1gにつき1万円近い価格まで高騰しました。
製造当時と比べて約5倍の価値です。

金価格推移 地金価格

金相場:1g=9,971円 ※2023年10月13日 09:30公表(JST)

出典:田中貴金属協業株式会社

しかし、ここで新たにひとつの疑問が浮かんできます。

金相場が”1g=9,971円”なら、純金30gの価格は299,130円です。
つまり、天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取価格も同じになるはずですよね。

ですが、2023年10月13日時点の御即位10万円の買取価格は281,100円でした。


純金の金貨であるにも関わらず、金相場の価格と買取の価格にズレがありますね?


この金相場と買取価格のズレにはちゃんとした理由があるのです。

金相場と買取価格がズレるのはなぜ?

2023年10月13日時点で、30gの金の価値は299,130円でした。
対して、同日の天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取価格は281,100円です。

なぜ重さが同じ金の地金と、金貨の買取価格が違うのでしょうか?

その理由は、天皇陛下御即位記念10万円金貨を溶かしてはいけないからです。

金貨を溶かしてはいけない
溶かせない以上は地金としては取引できません。
そのため、金地金とは価格も一致しなくなります。
金の相場を参考にしながらも、独自の買取価格がついているのです。

では、なぜそもそも天皇陛下御即位記念10万円金貨は溶かせないのでしょうか?

それには、現行貨幣の流通を守るための「貨幣損傷等取締法」が関係しています。

現行貨幣を守る貨幣損傷等取締法

貨幣損傷等取締法とは刑法のひとつで、現行貨幣の破損を禁止する法律です。
破損によって現行貨幣の流通枚数を減らさないようにするためにあります。

硬貨を割ったり穴をあけたりする行為は罰則の対象となります。
もちろん、硬貨を溶かすこと罰則の対象です。
さらに、こうした破損を目的とした取引も禁止されています。

現行貨幣を守る

実際に、溶かさなければいいのではないですか?


そう言うわけにはいきません。地金と同じ価格で取引した時点で、鋳潰すことを目的にしていると判断されます。また、相手が鋳潰すことを分かった上で売った場合、売った側も罰則の対象となります。

天皇陛下御即位記念10万円金貨現行貨幣であることは財務省が認めています。

過去に発行された記念貨幣は、現在でもお金として使えますか?

【答】記念貨幣は、「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」において、貨幣として定められているため、全て通常の貨幣と同じように使用することができます。

出典:財務省 よくあるご質問

つまり、貨幣損傷等取締法の対象となるため、溶かすことは絶対に許されません。
そのため、金相場と一致する価格では取引されないのです。

10万円の記念貨幣は他にもある?

10万円の記念金貨は、天皇陛下御即位記念10万円金貨だけではありません。
1986年には、天皇陛下御在位60年を記念した10万円金貨も作られました。

天皇陛下御在位60年記念天皇陛下御在位60年記念

基本情報

表面は、「水をイメージした模様」の上に平和の象徴である「鳩」が彫られています。
裏面は、皇室の紋章である「菊の御紋章」が中央に描かれています。
周囲を囲う文字は「製造年」、「御在位六十年」、「拾万円」、「日本国」の4つです。

  • 直径: 3.0cm
  • 重さ: 20g
  • 品位: 金1000
  • 発行年: 1986(昭和61)年

天皇陛下御在位60年10万円金貨の買取価格

天皇陛下御在位60年10万円金貨の買取価格は以下の通りです。

本日の買取価格
本日の買取価格

天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取価格とは、ずいぶんと違っていますね?


そこまで年代の変わらない10万円金貨で、ここまで差が付くのにも理由があります。

10万円金貨の買取価格に差があるのはなぜ?

買取価格を比べてみると、双方の価格に10万円近い差があります。

御即位10万円金貨
御在位60年10万円金貨
なぜ?
では、なぜ天皇陛下御即位記念10万円金貨の方が高く買い取られるのでしょうか?

その理由は、金の含有量発行枚数にあります。

そもそも、御即位記念の10万円金貨の方が金を多く使っています。
金の量が多ければ、その分貨幣の価値が上がるのは当然です。

重さにして10gも違いますから、かなりの差がありますね。

2023年10月の金相場で言えば、この差だけでも約10万円に相当します。
それを考えれば、買取価格差額についても納得ですよね。

さらに、御即位記念の方が発行枚数が少なく希少価値もつくんです。

御在位60年は1,100万枚が発行され、御即位記念は200万枚が発行されました。
発行枚数だけでいえば、御即位記念は5分の1以下の枚数しかありません。
そのため、天皇陛下御即位記念10万円金貨の方が珍しいのです。

10万円金貨の比較

御即位10万円金貨 御在位60年10万円金貨
発行枚数

200万枚

1,100万枚

重さ

30g

20g

直径

3.3cm

3cm


これらの理由から、天皇陛下御即位記念10万円金貨の方が高く買い取られます。

天皇陛下御即位記念10万円金貨に偽物はある?

10万円金貨のような高額商品には偽物の存在はつきものです。
そのため、取引するにあたって真贋の確認が重要になります。

10万円金貨の真贋を見分けるためには以下の3つのポイントに注意しましょう。

POINT

  1. 大きさを確認する
  2. 重さを確認する
  3. 磁石を使って調べる

それでは、それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

大きさを確認する

大きさを計る
まずは、お手元の硬貨の大きさを計ってみましょう。
硬貨は同じ型を使って作るため、大きさは均一になります。

天皇陛下御即位記念10万円金貨の直径は3.3cmです。
これより少しでもズレるのであれば偽物と言えます。

重さを確認する

計り
大きさが同じだったら、次は重さを確認してみましょう。
同じ大きさの純金であれば、重さは必ず一致します。
もし、重さに少しでも差が出るのであれば偽物です。

天皇陛下御即位記念10万円金貨の重さは30gあります。
これより1g以上の誤差があればまず間違いなく偽物です。

磁石を使って調べる

計り
大きさや重さが同一であれば磁石を使ってみましょう。

偽物の硬貨は、高い貴金属ではなく安い卑金属を使うため、磁石に引き寄せられるものが混じるのです。

純金製品は磁石に引き寄せられません。
つまり、天皇陛下御即位記念10万円金貨も磁石に反応しません。

天皇陛下御即位記念10万円金貨を高く売るために

古銭を高く売るためにはいくつか気を付けるべきポイントがあります。
これは天皇陛下御即位記念10万円金貨でも同様です。
その気を付けるべきポイントとは以下の3つです。

  • 金相場の動きをチェックし続ける
  • 貨幣は磨かずに密封して保存する
  • ブリスターパックや化粧箱を一緒に送付する

金相場の動きをチェックし続ける

天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取価格は、金相場次第で上下します。
できるだけ金相場が高いときに売った方がお得です。

金相場は毎日変動するので、動向をチェックし続けましょう。
年々上昇を続けてきた金相場も落ち着き始めています。
売り時を逃さないようにしっかりと観察しておきましょう。

貨幣は磨かずに密封して保存する

古銭は磨くと価値が落ちるため、絶対に磨いてはいけません。

古銭における美品とは、製造時の状態が残っているものです。
磨いた古銭は加工品となってしまうため価値が落ちてしまいます。

状態を良く保つためには、空気に触れさせないことが重要です。

天皇陛下御即位記念10万円金貨は、密閉できるブリスターパックに入っています。
ブリスターパックとは透明のプラスチックで封をしたものです。

できれば、ブリスターパックからは出さずに保管しておきましょう。
もし、出してしまったのであれば、別の密閉可能な袋や箱で保管してください。

ブリスターパックや化粧箱を一緒に送付する

天皇陛下御即位記念10万円金貨は、購入時にブリスターパックに入っています。
ブリスターパックは大事な付属品なので、欠品していると価値が下がってしまいます。

特殊な加工をされたプルーフ版は付属品が異なる点に注意が必要です。
プルーフ金貨はブリスターパックではなく、プラスチックケースに入っています。

なお、両方とも収納する化粧箱が付いていますが、こちらは付属していなくても価格価格には影響されません。

天皇陛下御即位記念10万円金貨を売る方法

最後に、天皇陛下御即位記念10万円金貨を売る方法を確認していきましょう。
売却方法は大きく分けて以下のふたつです。

  • ネットオークション(ヤフオクなど)
  • 古銭専門の買取業者

メルカリのようなフリマアプリは、現金として使える貨幣の取引が禁止されていることがあります。
なので、天皇陛下御即位記念10万円金貨もフリマアプリでの取引は避けましょう。

では、上記のふたつについてそれぞれのメリットとデメリットについて解説していきます。

ネットオークション(ヤフオクなど)

ネットオークション
ヤフオクのようなネットオークションサイトでは、現行貨幣も取引されています。
相場の高い商品であれば注目されやすく、高額での落札もあり得るでしょう。

そのためには、商品を注目させるための情報や画像が欠かせません。
スタート価格も高すぎない設定をしておきましょう。
買い手がつかないからといって安すぎる設定にすると、かえって怪しくなります。

落札後から発送まで、落札者とのやり取りが必要であったり手間が多いのもネックです。
また、落札価格か手数料が引かれるという点も忘れてはいけません。
ヤフオクであれば落札価格の8.8%が引かれます。

商品が高額であればあるほど手数料での損失も大きいです。
手数料を考慮してみると、買取業者に依頼した方が高かったなんて話もあります。

古銭専門の買取業者

古銭専門の買取業者に買い取ってもらうというのが、もうひとつの手段です。

買取業者であればどこでもいいというわけではなく、古銭専門の業者を選びましょう。

なぜなら、古銭を専門に取り扱う業者なら必ず古銭の鑑定士が所属しているからです。
鑑定士が所属している業者の方が査定の精度は高くなります。

また、古銭の種類や真贋の確認を自分でする必要がなくなるのもメリットです。
古銭を取引するにあたって、面倒だったりリスクがある作業を全てお任せにできます。

取引の手間を少しでも減らしたいと思ったら買取業者の利用を検討しましょう。
また、リスクを避けて安全に取引したいという場合も業者の利用がおすすめです。

天皇陛下御即位記念10万円金貨を売るなら買取業者へ

天皇陛下御即位記念10万円金貨についての解説は以上となります。

天皇陛下御即位記念10万円金貨は、買取価格が20万円を超える高額商品です。

それだけに、素人判断で個人間で取引するのは大きなリスクがあります。
古銭の鑑定や取引に慣れている人でなければ、買取業者を利用することをおすすめします。

弊社アンティーリンクでは、LINEでお手持ちの古銭の画像を送っていただければ無料で査定いたします。

友だち追加

天皇陛下御即位記念10万円金貨以外に売りたい古銭があれば、一括で査定と買取をお引き受けします。
手元に売りたい古銭がございましたら、ぜひともアンティーリンクにお任せください。