特徴:槌目が細かい、刻印が流通用と比べて綺麗

買取価格

極美品

500,000円

商品の説明

万延小判は江戸幕府最後の小判で、幕府が消滅する慶応3年(1867年)8月6日まで製造されました。

江戸時代は慶長小判からこの万延小判までおよそ10種類の各時代の小判が発行されましたが、年々金品位も低下し大きさも小さくなっています。

万延小判は、別名「姫小判」(ひめこばん)とも称し、現品は裏面の二つの座人印が「大」と「吉」からなる大変縁起のよろしい希少品で、献上用につくられました。