年代:大世主尚泰久頃
西暦:1454年
素材:銅

買取価格

3,000円

商品の説明

大世通宝(たいせつうほう、大世通寶)は、琉球王国において発行された銭貨の一つです。

尚泰久王の時代に永楽通宝の『永楽』を『大世』と鑲置(じょうち、文字のところに別の文字を嵌め込むこと)して発行されました。

そのため大世と通寶とでは字の形がまるで違います。

形は円で直径はおおよそ23mm、中央には正方形の穴が開いており、重量は約4g。

上下に大世、左右に通寶と書かれており、大世とは尚泰久を大世主(おおよのぬし)と呼んだことからきています。