大きさ: 74×156mm

買取価格

美品

100,000円

並品

60,000円

商品の説明

新国立銀行券は、不換紙幣。明治9年(1876年)より、金不足によって発行が始まりました。種類としては、「1円」「5円」があります。

印刷局(当時大蔵省紙幣局)がヨーロッパから移入した最新の技術により、日本で初めて製造された近代的なお札です。

現在の中央銀行制度が導入される以前、各地に設立された国立銀行が発行した紙幣です。

 

新国立銀行券1円(水兵1円)

表には水兵が二人描かれています。右に水兵の図を描くことから「水兵札」の異名を持っています。

日本に水兵(海兵)制があったのは明治3(1870)年から明治9(1876)年の間なので、水兵制度がなくなった翌年にこの1円紙幣が発行されたことになります。

裏の図柄は七福神の一人である「エビス」様です。日本の商いの神様であり、神話上ではスサノオの兄弟であるという説もあります。