長径:不定 重さ:不定

品位 銀135/その他865

*重量が重いほど高価です

買取価格

15,000円〜25,000円

商品の説明

安政6年12月8日(1859年12月31日)から鋳造が始まり、12月27日(1860年1月19日)から通用開始された丁銀の一種である。

江戸幕府最後(地方貨幣などを除けば日本最後)の秤量貨幣であり政字丁銀(せいじちょうぎん)とも呼ばれています。

また安政丁銀および安政豆板銀を総称して安政銀(あんせいぎん)あるいは政字銀(せいじぎん)と呼びます。