買取価格

1,500円

商品の説明

平安通宝は、その鋳造地、時期共に確定していない不知の銭貨です。

銭容は大きく分けて正様、濶縁、大様と3系統があります。

安南銭説(中華人民共和国の上海市銭幣学会が唱えた1985年の学説)、長崎私鋳銭説、加治木銭説、豊後小倉説(日本銀行の調査局が発表した1972年の学説)などがあるが、いずれも確実な根拠はないと言われています。