天保通宝の種類について解説

住宅を掃除した際や、遺品整理、蔵の片付けした際に、古銭(古いお金、古いお札)、昔のお金、記念硬貨、小判、大判、金貨、古紙幣などが出てくる事はありませんか?
特に近代の古銭は比較的、目にすることも多いのではないでしょうか?

今回は、近代の古銭の中から「天保通宝」について解説していきたいと思います。

そもそも天保通宝とはどんな古銭なのか?

天保通宝は、慢性的な貨幣不足で銭貨の量産が必要となっていた1835年(天保6年)頃に、それまで使用されていた寛永通宝(1枚1文)の100枚分として製造された貨幣です。
江戸時代末期から明治にかけての日本で流通しました。(※なお、明治に入ってからは約80文で通用。)

そして製造された年代や地域で少しずつデザインの特徴が違い、存在がわかっているだけで24種類もあります。種類によって高額での取引になる場合も…。

ちなみに、幕府が公式に発行した天保通宝は4種類のみです。
中央に正方形の穴が開き、楕円形、表面には「天保通寳」裏面には「當百」という文字が刻まれていることは、この4種類ともに同じです。

ここからは、天保通宝の種類をそれぞれご紹介いたします!

希少価値のある母銭、基本の4種類

母銭とは、銭貨を製造する際、型を取るための元(見本)となるもので、通常銭に比べるとわずかに大きく文字も鮮明という特徴があります。
また、希少価値があるため買取額が高いことで有名です。

本座長郭(ほんざちょうかく)

製造年:1835年(天保6年)

「本座」とは、幕府が公式に製造したものであることを示します。

特徴としては、中央にある穴を縁取る幅です。
長郭は他の天保通宝に比べ、縁取りの左右が縦長になっているところがあります。
また、銅貨に刻まれている天保通寶の文字の、通→【甬】部分と、寶→【貝】部分の横幅が狭く書かれているのも特徴的です。

本座細郭(ほんざさいかく)

製造年:1835年(天保6年)

特徴としては、穴の縁取りの幅が細くなっています。
細郭の母銭は見つかった数が少なく、非常にレアな種類です。

本座広郭(ほんざこうかく)

製造年:1845年(弘化2年)

特徴としては、穴の縁取りの幅が広く太いところです。

本座中郭(ほんざちゅうかく)

製造年:1866年(慶應2年)

特徴としては、穴の縁取りの幅が、長くも細くも広くもないものを指します。
つまり、「目立った特徴がない」のが特徴です。

そして未だに母銭が発見されていない種類になります。

 

この4種類が、幕府が公式に製造した天保通宝になります。
次に、当時の藩が幕府の目を盗んで密造した天保通宝20種類をまとめました!

日本各地で製造された天保通宝の名称と特徴

ちなみに、水戸藩鋳銭は江戸幕府から正式に鋳造が認められた天保通宝です。
藩による天保通宝の鋳造は幕府から禁止されていましたが、水戸藩は幕府に認められ、鋳造を行なっていたとされています。

盛岡銅山 表面に盛岡銅山と書かれている
南部銅山手 中心の穴に傾斜がある
南部小字 全体的に文字が小さい
南部大字 文字の幅が太く大きい
秋田広郭 穴の縁取りの幅が広い
秋田長郭 穴の縁取りが縦に長い
会津広郭長足寶 寶の【ハ】の部分が長い
会津長貝寶 寶の【貝】の部分が縦に長い
会津短貝寶 寶の【貝】の部分が縦に短い
水戸大字 文字の幅が太く大きい
水戸短足寶 寶の【ハ】の部分が短い
水戸濶字退寶 寶の字が右へ退いている
高知額輪短尾通 穴が真四角ではなく、通の【辶】部分が短い
山口大字平通 全体的に字が大きく通の字が上下に狭い
山口方字 穴が真四角ではっきりしている
山口曳尾 通の【辶】部分が左右に引っ張られている
福岡離郭 中心の穴と上下の文字が離れている
岡痩通 通の字が痩せて幅が狭い
薩摩広郭 穴の縁取りの幅が広い
薩摩短尾通横郭 通の【辶】部分が短く穴の縁取りの横幅が広い

以上が20種類でした。
当時の言わば偽造通貨ですが、各藩では通貨として使用されていました。
そして、種類によってはその希少性からコレクターの人気が高く、本物よりも価値がつく場合もあります。
もし天保通宝をお手持ちであれば、一度買取査定に出してみることをオススメします♪

買取をしてもらうための注意点!損しないためには?

種類によっては高い価値が望める天保通宝…。
損しないために、これだけはご注意ください!

研磨剤、ブラシなどで磨かない

これは天保通宝に限った話ではありません!
古銭は基本的に状態の良いものほど高い価値がつくのです。

そこで、

状態が良い=研磨剤、ブラシなどで綺麗にしよう!と考える方も多いと思います。
ですが、古銭は非常にデリケートなものです。

下手に綺麗にしようとすると古銭に傷がついてしまい、価値が大幅に下がってしまいます。
買取に出す際にはそのままの状態にしておきましょう。

価値を知らないままオークションやフリマサイトに出品する

こちらも天保通宝に限った話ではありませんね(^_^;

例えば種類がわからないまま出品し、実は希少性の高いものだった!など損をしてしまったり、
レプリカだと気づかずに売ってしまった!などのトラブルもよく聞きます。

どんな業者に頼めばいいかわからない…。という方はぜひ弊社をご利用ください!

弊社、アンティーリンクでは無料で査定を行っております!
まずは無料でご利用いただけるLINE査定を、ぜひご利用ください。

友だち追加

LINEアカウントをお持ちではない方は、お問い合わせよりお気軽にご相談ください!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

古銭・古紙幣・昔のお金・古銭の高額買取なら、

アンティーリンクへお任せ下さい!

〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-8-5 LM南池袋303

03-6709-1306 (営業時間 11:00〜18:00)

HOME

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –