大きさ: 80×190mm

買取価格

400万円以上

商品の説明

旧国立銀行券とは

「旧国立銀行券」は明治5年に製造が決まり、明治6年から明治32年まで流通していた国立銀行が発行した「兌換紙幣(だかんしへい)」です。

兌換紙幣とは、金貨・銀貨との交換が保証されている紙幣のことです。日本には「金本位制」の時代があり、その期間は金貨を基準として通貨価値が定められていました。

しかし、紙幣と交換できる金貨を十分に確保できなかったため政府は明治9年、金貨と交換する権利をもたない「信用で交換成立する」不換紙幣の発行を銀行に認めることで、物価上昇や貨幣価値下落の解決を試みました。

この、明治9年に発行が決定された後発の不換紙幣と区別するために、「明治5年の国立銀行条例で発行が決定した兌換紙幣」を「旧」国立銀行券と呼びます。

兌換紙幣には、「一円」「二円」「五円」「十円」「二十円」の額面がありました。一方、不換紙幣として発行された「一円」と「五円」は、俗に新国立銀行券と呼ばれています。

その後、貨幣・紙幣の製造と管理は「日本銀行」という新しい銀行へ権利が移り、旧国立貨幣は明治32年に通用停止となりました。

 

旧国立銀行券10円

表には雅楽を演奏している人々が描かれています。雅楽は唐などから伝わった音楽が日本の古典音楽へと変容したもので、演奏には笙(しょう)や篳篥(ひちりき)など珍しい楽器が使用されます。

裏に描かれているのは「神功皇后(じんぐうこうごう)」です。第14代天皇である仲哀天皇の后で、日本書紀などに登場します。神のお告げを聞き、妊娠中にも関わらず朝鮮半島に出兵して勝利したなど、様々な伝説がある人物です。