直径:不定 重さ:不定

買取価格

極美品

70,000円

商品の説明

甲州二朱金とは

甲斐国(現在の山梨県)において戦国時代から流通が始まり、江戸時代の文政期まで鋳造されていた貨幣で、甲斐国の領国貨幣(各藩が独自に流通させていた貨幣)である甲州金のうち、額面が二朱の貨幣ということです。

円形状をしており、表面の刻印はすべて同じです。額面を表す「貳朱」(貳は二の旧字体)が表面の右側に刻印されています。

左下には金座役人の松木五郎兵衛の苗字である「松木」の文字、その上に桐の葉を図案化した桐紋、そして太鼓の鋲を模した点が複数、刻まれています。

裏は、最上部に甲斐の「甲」の字が刻印されおり、甲の下の刻印には「忠」「定」「重」「中安」「下安」そして背面に一切刻印のない「無背」の6種類があります。