買取価格

3,500円

商品の説明

バハマの有史時代は1492年10月12日にクリストファー・コロンブスがグアナハニ島に上陸したことで始まり、コロンブスは新世界への1回目の航海で発見したこの島をサン・サルバドル島と名付けました。

5ドル硬貨の絵柄になっているバハマの国旗 は1973年7月10日の独立とともに制定されました。

左側の黒い三角形は、アフリカに由来を持つバハマ国民30万人の団結を意味しています。

右側の二本の青い帯は大西洋とカリブ海を意味しています。

右中央の黄金の帯は、大西洋とカリブ海に囲まれた陸地、すなわちバハマの島々を意味しています。