内容: 500円、100円、50円、10円、5円、1円
合計額面: 666円
大きさ: 約9×14cm

※外箱がない場合は上記の価格の60%ですが、額面を下回ることはありません。

買取価格

並年

700円

1987年(昭和62年)

2,000円

1989年(昭和64年)

2,000円

1989年(平成元年)

700円

2009年(平成21年)

1,300円

2010年(平成22年)

3,000円

2011年(平成23年)

2,500円

2012年(平成24年)

2,000円

2013年(平成25年)

2,500円

2014年(平成26年)

1,000円

2015年(平成27年)

2,500円

2016年(平成28年)

2,500円

2017年(平成29年)

5,000円

2018年(平成30年)

7,500円

2019年(平成31年)

7,000円

2019年(令和元年)

13,000円

2020年(令和2年)

3,500円

2021年(令和3年)

5,000円

商品の説明

プルーフ貨幣とは

造幣局では、昭和62年から収集のための貨幣として、特別な加工を施した「プルーフ貨幣」を製造しています。

「プルーフ貨幣」は、貨幣をより美しくご覧いただくため、表面を鏡のように磨いたものです。流通している貨幣とデザインは同じで、市中で使用していただくこともできます。

日本の「プルーフ貨幣」は、表面を鏡のように加工し、模様をつや消しにして浮き出させたものです。

 

黒プルーフ貨幣セット

昭和61年度からは、特殊な技術を用いた美麗な鏡面と深く鮮明な模様を有するプルーフ貨幣セットの販売も行っており、黒プルーフ貨幣セットは貨幣セットの中でも黒いケースの貨幣セットです。

この貨幣セットは毎年、販売されており、その年によってプレミアがつくものもあります。

 

※昭和62年度以前は頒布として実施したものです。