重さ: 2.24g

品位 金570/銀430

買取価格

トメ分:極美品

180,000円

ハネ分:極美品

170,000円

商品の説明

安政一分判金には、時代印として「正」字が打たれている為、正字一分判金とも呼ばれます。

この時代金銀の交換比率が外国と大きく異なったため大量の日本金貨が海外へ持ち出され鋳漬されました。

そのため安政一分判金の現存数は極めて少なくなり、収集界では入手困難な希少品となっております。安政一分判金には「分」字の書体によっておハネ分とトメ分がありますが、現品はハネ分のタイプです。