浮世絵師一覧 江戸時代(1700)~明治頃(1870)まで

  • HOME »
  • 浮世絵師一覧 江戸時代(1700)~明治頃(1870)まで

江戸時代から明治頃までの作者の相場価格、経歴紹介、代表作品を写真付きで解説していきます。

江戸時代中期(1700-1800)

喜多川歌麿(喜多川派)

1枚絵

 

子供画

歌麿筆の落款

買取価格 70000

 勝川春章(勝川派)

1枚絵

 

無落款

買取価格 8000

初代 鳥居清長(鳥居派)

1枚絵

 

清長画の落款

買取価格 50000

磯田湖龍斎

1枚絵

 

柱画

湖龍画の落款

買取価格 50000-180000

江戸時代後期~幕末期(1800~1868)

 

3代目歌川豊国(歌川国貞)(1786~1865)

・2代目歌川豊国(豊重)とは別の人物。

・初代歌川豊国の門人

・1844年頃に2代目豊国を襲名する

・浮世絵には五渡亭、香蝶楼、一陽斎、一雄斎、をに使用している。この号は弟子の2代目歌川国貞もこの号を使用している。

・他にも応需豊国、単に国貞画もある。琴雷舎(文化10年)、北梅戸、富望山人、富望庵、桃樹園、応好、月波楼(文化8年)、喜翁(文久2年)、国貞舎豊国、雛獅豊国、浮世又平、不器用又平、任好国貞画

・代表的な作品には「東海道五十三次」などがある

1枚絵

高良之神使

・瓢箪と豊国画の号を使用

五衣色染分黄

瓢箪と豊国画の号を使用

近世水許伝-坂東三津五郎

瓢箪と豊国画の号を使用

倭文庫錦絵合-婆須密遊女

香蝶楼豊国画の号に赤丸の落款

歌舞伎画

見立三十六句撰- 宗清 常盤の前-

一陽斎豊国画の号に赤丸

双筆五十三次-浦原-(広重二代目豊国の合作)

   豊国画と広重画の画号   

双筆五十三次-武井-   豊国画と広重画の画号    

買取価格 3000-80000

3枚続き

 

役者絵 演目不明

左)香蝶楼豊国画          右)一陽斎豊国画

役者絵:歌舞伎,銘木先代萩、御殿の場と床下の場面

両方とも 五渡亭国貞画

伊賀越仇討画再版

 

3枚とも豊国画の号を使用

役者絵

 

3枚とも任好国貞画の号を使用

買取価格 3000-15000円

立ち絵美人

 

香蝶楼国貞画

香蝶楼豊国画に赤い丸

買取価格 3000-15000円

歌川国安(1794~1832)

・初代歌川豊国の門人

・本名は安治郎

・一凰斎の号を使用している

一凰斎国安画の号を使用

買取価格 3000-8000

4代目歌川豊国 ・3代目国政・2代目歌川国貞(1823~1880)

・本名は中里清太郎

・3代目歌川豊国の門人

・1850年に3代目歌川国政を襲名

・1870年頃には4代目歌川豊国を襲名している。

・国政時代には梅堂、二代目歌川国政、後の3代目国貞も使用している

・二代目国貞時代には一寿斎、梅蝶楼、宝来舎

四代目豊国になってからは香蝶楼、一陽斎、宝来舎などがある

・代表的な作品には「紫式部源氏かるた画」シリーズがある

1枚絵

紫式部源氏かるた五十四-二十七篝火-

初代と同じ瓢箪と香蝶楼国貞画

紫式部源氏かるた五十四-十賢木-

こちらも初代が使用した瓢箪と香蝶楼国貞画

紫式部源氏かるた三十八-鈴虫-

 

こちらも初代が使用した瓢箪と香蝶楼国貞画

買取価格 3000-5000

3枚続き

 

吾妻源治松竹梅

豊国と同じく瓢箪と国貞画の号を使用

買取価格 3000-15000円

初代 歌川広重(1797~1858)

・本名は安藤広重

・数々の名所絵を描いている。

・歌川豊広の門人

・役者絵、美人画、名所絵を描いている。

・一游斎、一幽斎廣重、一立斎、立斎の号を使用している.

・木版画以外にも数多くの肉筆画がある。

・五代まで広重の襲名した人物がいる。

・代表的な作品には「名所江戸百景」や「東海道五十三次」がある。

・この「東海道五十三次」は豊国のとはまた別の物である。

名所絵

東海道五十三次-武井-

保永堂の落款に広重絵の号を使用している。

富士三十六景 -東都隅田堤

      広重画の号を使用。

江戸勝景-虎之門外之図-  広重画の画号に立斎?の落款

買取価格 8000-25000円

落合(歌川)芳幾(1833~1904)

・本名は落合幾次郎

・歌川国芳の門人、月岡芳年とは兄弟弟子でライバル関係

・一恵斎、一蕙斎、蕙斎、朝霞楼、洒落斎、蕙阿弥の号を使用している。

・「真写月花之姿絵」や「日日新聞錦絵」などは代表作

・月岡芳年と無残画の立役者となっている。

1枚絵

新富座冬興行-菅原車引-

落合芳幾の号と落款を使用

(人物画)太平記英雄伝:佐々木六角承偵

   

朝楼霞芳幾画の号を使用

買取価格 3000-25000

3枚続き

 

春遊び源氏之花活

 

3枚とも朝霞楼芳幾画の号を使用

買取価格 7000-28000円

歌川国芳(1791~1861)

・初代歌川豊国の門人

・一勇斎、彩芳舎、朝桜楼、雪谷、仙真

・弟子には月岡芳年や落合(歌川)芳幾がいる。

・代表作品には「源頼光公館土蜘作妖怪図や『相馬の古内裏』などがある。

・武者絵、妖怪の絵を数多く描いている。

・代表的な弟子には月岡芳年や落合芳幾、歌川芳艶初代歌川芳宗がいる

1枚絵

買取価格 20000

3枚続き

 

朝櫻楼国芳画の号を使用

粟津合戦

一勇斎國芳画の号と桐の落款

義経十九臣              ₍オリジナルより年代が少し下がる₎ 

           一勇斎国芳画と朝櫻楼国芳画の画号

買取価格 50000-150000円

歌川貞秀(1807~1879)

・本名は橋本兼次郎

・初代歌川国貞の門人

・五雲亭、後に玉蘭、玉蘭斎、玉蘭主人、一玉斎、玉翁、橋本貞秀の号を使用している

・外国人を描いた横浜絵などもある

・代表的な作品には「再改横浜風景」などがある

1枚絵

買取価格 2000-5000

3枚続き

 

玉蘭斎貞秀画の号を使用

頼朝公上京之図

五雲亭貞秀画の号を使用

横濱本町港崎街新廓

五雲亭貞秀画

買取価格 3000-8000円

歌川国孝(?-?)

・初代歌川国貞の門人

・生没年不明、本名は喜之助

・一玉斎、一柳斎、柳蝶楼の号を使用している

1枚絵

買取価格 3000

3枚続き

 

競馬御覧之絵

国孝と歌川國孝画の号を使用

買取価格 7000円

2代目歌川広重(重信)(1826~1869)

・初代歌川広重の門人

・1845年頃に初代広重の弟子になっている。

・初代広重と同じく風景画や名所絵を多く描いている。

・1859年頃に広重を襲名している。

・一幽斎、一立斎、立斎、立祥、喜斎、喜斎立祥、重宣の号を使用している。

・代表的な作品には「東都百景」や「諸国名所百景」がある。

1枚絵

買取価格 2500-8000円

名所絵

 

江戸自慢-両国花火-

広重画と瓢箪と豊国筆の号を使用

こちらは歌川国貞との合作

買取価格 5000-20000円

横浜絵・開化絵

 

買取価格 5000-30000円

歌川広景(?-?)

・生没年不明

・初代歌川広重の門人

・1859-1861頃に作品を残している

・代表的な「江戸名所道戯尽」シリーズや「青物魚軍勢大合戦之図」がある

・詳細は不明

名所絵

江戸名所道外画-四十-

四谷通りの渡ふね

買取価格 5000~20000円

3枚続き

 

買取価格 20000円

菊川英山(1786-1867)

・本名は菊川俊信

・喜多川歌麿風の美人画を描いている。

・代表的な弟子には渓斎英泉などがいる。

・重九斎。児玉屋英山、単に菊川英山筆などの号がある

美人画

買取価格 20000円

3枚続き

 

買取価格 50000円

立ち絵

 

買取価格 5000~8000

渓斎英泉(1791~1848)

・菊川英山の門人

・師匠の英山と同じく数多くの美人画や、名所絵や肉筆画も描いている。

・浮世絵師としてだけではなく、狂言作者や狩野派の絵師としても勉強している。

・渓斎、国春楼、北亭、北花亭、小泉、涇斎、一筆庵、旡名翁、池田 英泉、一筆庵可候、菊川英泉の号を使用している。

・代表作は広重との合作である。「木曽街道六十九次」

美人画

五節句之内-七月乞巧奠-

渓斎英泉の号を使用

掛川宿-二十九-    渓斎英泉の号を使用

買取価格 2000~5000円

3枚続き

 

買取価格 5000~10000円

立ち絵

 

両方とも渓斎英泉の号を使用

買取価格 5000~8000

お気軽にご連絡ください TEL 03-5958-7688 受付時間 10:30~18:00

PAGETOP