岩倉具視500円札について解説

皆さんは日常生活で500円”玉”を使用されますよね?
そんな馴染み深い500円ですが、昭和26年〜平成6年の間に、岩倉具視が描かれた500円”札”が払い出しされていたことはご存知でしょうか?

先述のとおり、岩倉具視500円札は割と近年まで発行されていたんです。
そのため流通量も多く、希少性はあまり高くありません…。もちろん今でも普通のお金として利用可能なお札です。

近年では全く見かけませんが、30代以上の方なら見たことあるかもしれませんね。

岩倉具視500円札の基礎知識

岩倉具視(いわくらともみ)500円札とは、昭和26年に初めて発行され、昭和57年に500円硬貨が発行された後も、昭和60年まで500円札の製造は続けられ、そして平成6年に支払停止となりました。
以降は500円硬貨、いわゆる500円玉がその代わりを担っています。

500円が額面のお金が製造された経緯

第二次世界大戦後、インフレ抑制のためにB号券1000円札が発行されています。
1000円札は当時にしてはかなりの高額の紙幣です。
当時は、1000円札が発行される前の最高額面は100円紙幣のみだったため、その差が大きく、間を埋めるために500円の額面が作れらました。

2種類500円札について

表題にも名前の記載がありますように、500円札の表面には岩倉具視、裏面には雁ヶ腹摺山から望む富士山がデザインされています。
そして、岩倉具視500円札には「B号券(通称:岩倉具視旧500円札)」と「C号券(通称:岩倉具視新500円札)」の2種類があり、日本で発行された500円紙幣の中ではこの2種類しかありません。今は500円といえば硬貨のイメージですよね。おそらく今後500円札が発行されることはないと思います…。

「B号券」と「C号券」の見分け方

B号券とC号券との違いは以下のとおりです。


こちらは「B号券」です。

昭和26年から昭和46年まで発行されていた500円札です。
・表面に桜の花が描かれている
・五百円という表記の下に500という数字が書かれている
という2点の特徴があります。
また、発行途中で紙質が変化しており前期はクリーム色紙、後期は白色紙になっています。


こちらは「C号券」です。

昭和44年から平成60年まで発行されていた500円札です。新たな印刷技術や偽造防止技術を盛り込んで新調されました。
・透かしのための余白がある
・桜花と波線がある
という2点の特徴があります。
発行当初は白色紙でしたが、汚れが目立ちやすいことや、他のC号券との統一性に欠けることから後にクリーム色紙に変更されています。

岩倉具視500円札がお手元にある方へ

岩倉具視500円札は、基本的に額面通りの価値しかつきません。
ですが、その中でもプレミア紙幣と呼ばれるものがあります。

価値の高い紙幣の見分け方はこちらをご参照ください。

場合によっては額面以上の価値があるかもしれません!
ぜひお手元にある方はチェックしてみてください。

弊社、アンティーリンクでは無料で査定を行っております!
まずは無料でご利用いただけるLINE査定を、ぜひご利用ください。

友だち追加

LINEアカウントをお持ちではない方は、お問い合わせよりお気軽にご相談ください!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

古銭・古紙幣・昔のお金・古銭の高額買取なら、

アンティーリンクへお任せ下さい!

〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-8-5 LM南池袋303

03-6709-1306 (営業時間 11:00〜18:00)

https://antylink.jp/

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –