古銭・古紙幣の高額買取ならアンティーリンク

梱包方法

  • HOME »
  • 梱包方法

買取の際の梱包方法についてお問い合わせが多くなってきたので、ガイドラインを作成させていただきます。

絶対にこの通りにする必要はございませんが、簡易的な梱包しかされておらずに輸送時に中身が無くなる・状態が悪くなるなどでトラブルが発生した場合、弊社では責任を負いかねてしまいます。

ご質問・ご不明点は お電話、LINEメールでも承っております。

よくあるご質問はこちらのページからご覧ください。

 

要点まとめ

・外箱は隙間の無いように留める

・紙幣は折れないように

・コインの入った袋はしっかりと口を閉じる

 

以下はそれぞれの詳細な説明です。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

外箱

一般的なダンボールの梱包ですと、

こういった形が主流かと存じます。

ですが、この形だと

青丸印のところからコインがもれてしまう可能性がございます。

(実際にもれてしまったケースもございます。)

ですので、ダンボールの上面・底面は

このようにしっかりとH字に留めてください。

 

ワンタッチ式のダンボールの場合も、

青丸印のところからコインがもれてしまう可能性がございます。

こういった隙間はガムテープでしっかりと留めてください。

 

加えて、ダンボールの内側について、

青矢印のところにコインが入り込むことがございます。

テープなどで留めていただくか、箱の中でコインがこぼれないようにしてください。

 

また、少量の場合は、配送業者様の規格に沿った箱(例:宅急便コンパクト など)や封筒などをご使用いただいてももちろん大丈夫でございます。

その場合も、箱や袋の耐荷重を超えない量にしていただいたり、組み立て時の箱の隙間からコインが漏れないように配慮していただきたいです。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

 

紙幣

紙幣は少しのシワやヨレで状態が下がり、買取金額が下がる恐れがあります。

梱包不備で事前査定時から状態が下がってしまった場合、事前にお伝えしていた金額通りに買い取れないこともございます。

 

ピン札や状態の良いものはクリアファイルなどに挟んでいただくなど、折れないようにしていただきたいです。

厚紙やダンボール紙などで補強をしていただくとより安全です。

まとめて買取の紙幣などは、ここまで丁寧でなくても大丈夫です。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

コイン

箱の中で袋が開いてしまい、外箱の隙間からもれるケースが今までに何件もございました。

前述の外箱の補強に加えて、

必ず袋などの口をしっかりと閉じるようにしてください。

チャック付きの袋でも、あまりパンパンだと輸送時に弾けることがございますので、お気を付けください。

 

大量のコインをスーパーのレジ袋のような薄い袋に入れると、口を閉じてあっても破れてしまいます。

二重にするなど、破れないような工夫をお願いいたします。

少量の場合はビニール袋でも大丈夫ですが、必ず口を縛ってください。

 

高額のコインの場合は、コインの表面にキズが付かないように、個別に袋に入れるなどをしていただきたいです。

 

また、コインが箱の中で動かないようにするために、テープで直接貼り付けて固定するのはおやめください。

テープの粘着がコインに貼りつき、買取金額が下がる恐れがあります。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

送っていただくものの内容や状況によって、この限りではないこともございます。

わからない場合はお気軽にお問い合わせくださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

お気軽にご連絡ください TEL 03-5958-7688 受付時間 11:00~17:30

PAGETOP